Co-creation

これまで色々な方達とコラボレーションしてきました。
 
 
その時に、2つだけ大事にしていることがあります。

それは、「分かち合い」と、その「循環」です。
 
 
誰かと、一緒に何かをするときは

互いのエネルギーを分かち合い

そしてまた、そのエネルギーが外に循環していくことが大事だなと感じています。
 
 
春美さんとやって良かったなと思って頂けるように

また、春美さんたちの講座に参加して良かったなと思って頂けるように。
 
 
なので、わたしにとってはその企画の成功は、人数でも売上げでもないのです。
 
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-%e5%8d%88%e5%be%8c4-10-00
 
 
その考え方を教えてくださったのは、

日本からゲストをお迎えしてのイベントを行ったときのこと。
 
 
日本人にしかできない”気遣い”の習慣」の著者である

上田比呂志さんを、シンガポールにお迎えした時のことです。
 
 
振り返れば、丁度5年前の今頃でした。

講演会場に選んだのは、ブギス。
 
 
少し早めに会い、ブギスまでお連れしたあと

講演が始まる前に、少し外出されました。
 
 
そして講演後、こんなお話をしてくださいました。
 
 
なんと、ブギスにある寺院を探しあてて

そこに御礼参りしてきたとおっしゃる。
 
 
異国の地、シンガポールで講演させて頂くこと

ここに住む人達とのご縁に感謝して、その御礼がしたかったと。
 
 
上田さんの気づかいにとても感動しました。
 
 
講演会は大成功で、参加者から

沢山の暖かい言葉を頂きました。
 
 
そして、普段はすっかり忘れていますが

シンガポールに居させて貰っているんだって

この時改めて思いました。
 
 
 
そして同じ月、初めてお会いしたマツダミヒロさんとは

それ以来のご縁ですが、毎回いらっしゃる度に、この問いから始まります。

ここに居る人たちと、どんな分かち合いが出来るだろう。
 
 
今こうしているのは、彼らの御陰だと思っています。

ミヒロさんとのエピソードは、またどこかのタイミングでお話したいですね。
 
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-%e5%8d%88%e5%be%8c4-12-28
 
あれ以来、わたしはシンガポールに居させて頂いているんだと

意識するようになりました。

 
ビザがあるからでも、仕事があるからでもなくて

やっぱり居させて頂いているんです。
 
 
初めて日本人中学校での映画上映会や、しつもん授業をやったり

シンガポール☆スターの記事を書き始めたのも

ここに居るもの同士、どこか切磋琢磨しながらも

限られた滞在を、互いに楽しむめたらいいなとそんな思いからなのです。
 
 
 
 
競争ではなくて、共創

互いに「分かち合い」、それを「循環」したい。
 
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-%e5%8d%88%e5%be%8c4-13-22
 
 
これまでも、シンガポール☆スターの方達と色々なコラボをしてきたのも

ここで暮らす人と一緒に、この場を、この時間を

よりよい「循環」が出来たら、こんな思いからです。
 
 
 
 
シンガポール☆スターたちとのトークショーをしたのも

去年の今頃でした。

http://shitsumon-sg.com/star/star/4666/

ご参加下さった方たちからは、励みになりましたなど

暖かいメッセージを頂き、また参加者同士でお友達になったり

日本から参加された方達にとっても、よい刺激になったと

こうして、新しい循環が出来たのではと思っています。
 
 
12325166_10154395762857571_1366129039_n
 
 
 
だから、ちょっとだけ拘りがあるんです。
 
 
分かち合う、そして循環

この事に共感頂ける方達と一緒にいきたい。
 
 
 
 
まずは、シンガポールでビジネスする人達と

分かち合い&循環
 
 
そして、それが世界に循環していくことを願って。
 
 
誰とやるかより、どんな想いの人とやるか。

2017年、どんなコラボ企画が出来るか、今から楽しみです。
 
 
 
 
あなたは何を循環していきますか?